カテゴリー:赤ちゃん・妊婦

2021.02.28歯医者はいつから行けばいいですか?

こんにちは。
『歯医者はいつから行けばいいですか?』

こういう質問をよく受けます。
この質問の前提には虫歯を予防する為にはという前提がある様に思えます。

デンタルオフィスよしだでは

 口からわかる子育てに関わる大切な事

 口を育てる大切さ

 口から見える子どもの生活と成長

 虫歯の他にも大切な事がいっぱいあるんだよ
という事を伝えています。
これから何回かに分けて、このブログで伝えていきたいと思います。

 



 
スキャモンの発育曲線というものがあります。
これは身体の部分の成長のパターンを示します。

ここで注目していただきたいのが青い線の神経型です。
上顎の成長はこの様な成長を辿ります。
ここでポイントが2つ。
①6歳で成人のほぼ80%の成長が終わります。
②ということは6歳までの成長がすごく大事だとうい事です。

上顎が成長しないと
鼻呼吸が難しかったり
口の中が狭いので、お口がぽか〜んと開いてしまったりします。
そうなると、アレルギーも関係してくることも多い様に見受けられます。
虫歯にしないことはすごく大事なことです。
そしてそれと同じ様に
しっかりと口を成長発育させていくこともまた
注意を向けたいポイントなのです。