赤ちゃん歯科ネットワーク

当院に初めてご来院いただく皆さんへ
~来院前にお読みください~

健康な親子

「痛みだけなくなればいい」
「痛いところだけ治して欲しい」
よくわかります。痛いのは嫌ですよね。

しかし、そういう痛みを経験しているからこそ、またそうなって欲しくない。
これから先長きにわたり自分の歯で健康な食生活を、そして健康で豊かな生活を実現して欲しい。

そういう想いのもとに診療しています。

初めてのご来院からの流れをご紹介しますので、ご一読いただきご理解のもとにお約束(ご予約)をいただければ幸いです。

お約束制について

当院はお約束制となっております。
お忙しい中ご来院頂いた皆さんにお待ち頂く時間を最小限に抑えたい。
納得してわかりやすく治療を行うために治療計画をもとに来院日時をご提案しております。

やむなく、お約束の日時にご都合がつかなくなった場合は、早めにご連絡ください。
その際に、次回のお約束をお取り致します。


キャンセル扱いについて

当日のお約束時間から10分経過してもご来院がない場合は、キャンセル扱いとさせて頂いております。
ご来院頂いても、すぐに診療を受けれない、またはその日の診療自体をお断りする場合がございますので、ご了承願います。

やむなく遅れる場合は、一度医院まで連絡をお待ちしております。
できる限り対応をさせて頂きます。

ご予約はこちらから

電話番号0172-26-2525

受付時間・休診日

受付時間 日・祝
8:30~12:00 13:30まで
14:30~17:30

初診時の治療の流れ

1、主訴の改善

まずは、一番気になっているところから治療します。

2、カウンセリング

痛みの原因はなんだったのか?
何故そうなったのか?
じゃあ、そうすれば良いのか?
他に気になっている部分は?
皆さんからお話をお聞きします。

3、検査・各種撮影・治療計画立案

・ レントゲン写真撮影
レントゲン写真撮影を行うことで、より正確に原因を究明することが出来ます。

歯のレントゲン写真

・ お口の中の写真撮影
現在の状況を患者さんご自身で確認していただくことが可能です。
最初の状態(歯並び・歯の色など)を記録させていただくことにより、治り具合を治療の前後で目で確認することができます。日頃の態癖などが、歯並びに現れることが見て取れます。

お口の中の写真

・ 歯ぐきの検査
30歳以上の80%は歯周病であると言われています。
今の状況を確認し適切な処置を行うことが重要です。

4、お会計・次回のお約束

初診時の料金目安
・一般的初診時 4,000円前後
・主訴のみ治療した場合 2,500円前後
・主訴改善後の次回来院時 4,000円前後

お口の中の状況や処置の内容によって変わる場合がありますことを、ご承知おき頂ければと思います。

次回のお約束は、治療を進める上で最適な日時をご提案します。
ご都合の良い日時でお約束をお取り致します。

歯科用CTで見えてくるものがある

当院では、的確な診査診断から正確性の向上・治療の安全性をみなさんにご提供するために、歯科用CTを導入しております。

歯科用CTとは?

歯科用CTの安全性

歯科用CTは、頭部・顎・顔面の撮影に特化してますので、医科用のCTと比較すると放射線量は少なくなっています。
当院は、海外トップメーカー”KAVO社”のシステムを導入しております。
様々な歯科用CTがある中で、放射線量は非常に少ない数値となっておりますので、どうぞ、安心してご来院、ご相談頂ければと思います。




従来使用していたレントゲン画像は一方向からの二次元的画像となり、見える部分は限られていました。
歯科用CTは、お口の中の状態を三次元的に捉えることができ、レントゲン画像では、 重なり合ってよく見えなかった部位なども、歯・顎・骨など様々な部分をはっきり見ることができます。
それにより、多くの情報を得ることができることでより的確な診査診断が可能になり、治療の安全性も確保することが可能になります。

当院での歯科用CT活用法

気道の確認

・「寝る子は育つ」環境、つまりいびきをかいたりしないで良い睡眠を取れてるか?
・扁桃腺の状態はどうか?
お口がしっかりと成長することによって、気道が広くなり体の中にしっかりと酸素を送り込むことができるようになります。
・気道が狭いことによって、睡眠時無呼吸症候群のリスクはないだろうか?

舌の位置の確認

舌の位置の確認で低位舌かどうかを瞬時に判断することが可能です。
舌の位置が適正じゃないと、咬み合わせや呼吸などに影響が出る場合もあります。
他にも歯科用CTじゃなければ見れない部分は多々あります。
歯科用CTで撮影することで、どんな治療が有効か確認することが大事なことだと思っています。

歯科用CTと聞くと、みなさんはどんな治療を思い浮かべますか?
一般的には、親知らずの抜歯やインプラント手術など大きい処置・手術が頭に浮かぶと思います。
当院では、それ以外でも普段の診療の中で歯科用CTを使用しております。
歯科医院というと、歯・顎・骨などにどうしても目を向けがちですが、お口の中、もっというと首から上の状態が確認できるため、 見えない部分が見えることで治療の本筋がどこにあるのかわかることも多いんです。

未来あるこどもたちのために

導入のきっかけ

歯科用CTを導入しようと思ったきっかけは、子どもたちに何が起こっているかを詳しく知りたいという想いが強くなったからです。
問題がある場合は、その問題を取りのぞいて健全なお口の状態をサポートすること。

呼吸の基本である鼻呼吸がしっかりできてこそ、体に酸素をしっかりを送ることができる。
これが出来ることで、子どもたちの未来も変わると考えています。

咬み合わせ・舌の位置・気道の状態など、歯科用CTの撮影で得た多角的な情報から、しっかりを治療計画を立てて、親御さんと一緒に良い方向に導いていきたいと思っています。

一人の親として想うこと

私自身も子どもを2人持つ親です。
”歯並びがキレイになって欲しい” どの親御さんもそう思っていると思います。

ですが、本来持っている願い・想いは、”元気で健やかな未来であって欲しい”だと思います。

歯並びが悪いということは、口呼吸をしていることの代償でもあります。
それを改善するためには、鼻呼吸をしっかり出来る身体をつくること。

~未来ある子どもたちに、明るい光が差し込み笑顔の毎日を過ごして欲しい~

当院は、CTを用いて現状をしっかりと把握し、改善すべき点はどこにあるのか、そこに対してアプローチしていきます。お子さんの未来が笑顔でありますように。

それが当院の想いです。

妊婦さんへ伝えたいこと こどもの口の成長 こどもの矯正 咬合療法・態癖 予防メンテの重要性5本指ソックス(FIVE COMFORT)ホワイトニング+白い歯(被せもの) アクセス

PAGE TOP